犬のアジソン病/副腎皮質機能低下症を徹底解説!

ショック、虚弱、体重減少、食欲不振、嘔吐、吐出、下痢、血便、多尿、乏尿、徐脈、低体温、振戦、痙攣、、、このような様々な症状が現れる可能性のある疾患があります。しかし、適切に治療を行わないと、アジソンクリーゼと呼ばれる急性循環不全を引き起こしうる怖い病気です。そこで、今回は『アジソン病/副腎皮質機能低下症』について解説していきたいと思います。

アジソン病とは?

アジソン病は副腎から分泌される糖質コルチコイドと鉱質コルチコイドの両方あるいは片方の分泌が低下することで引き起こされる疾患です。
そのため、症状は多岐にわたり、診断に苦労する疾患なうえ、緊急事態になる可能性もあります。しかし、適切に治療を行うことで、通常の生活を営むことができる病気でもあります。

副腎皮質機能低下症(アジソン病)が起こる理由

アジソン病は別名、副腎皮質機能低下症と言います。名前の通り「副腎」という臓器の表面の部分(皮質)の機能が低下する疾患です。副腎は本来ステロイドホルモンを分泌しています。
ステロイドホルモンは体に必須のホルモンで身体全身に作用し、細胞の機能を調節しています。さらに、ストレスが加わった時に分泌される特徴があります。
我々もストレスがかかった時に、食欲が増したり風邪を引きやすくなったりしますが、これもステロイドホルモンの働きが関与しています。

このステロイドホルモンの分泌が減少することで上記の症状が現れます。

アジソン病の原因

アジソン病は比較的若いメス犬で発生しやすく、その原因としては自己免疫性(自分の免疫細胞が自分の細胞を攻撃してしまう)、感染症、腫瘍の転移による副腎の破壊、副腎皮質機能亢進症の治療薬による副作用が考えられます。
基本的にはゆっくりと進行する疾患ですが、アジソン病が進行した段階でストレスが加わったときには、ステロイドホルモンが分泌できないことでショック状態に陥る危険性があります

動物病院で行われる検査

この疾患は視診や触診では診断することが難しいですが、血液検査(ホルモンの血中濃度を調べる)と超音波検査により特徴的な状態異常を検出することで診断することができます。
ショック症状に陥っている場合はステロイドホルモンの不足により血液中のミネラル(ナトリウムやカリウムなど)のバランスが崩れていることがほとんどです。
他の似た症状を示す疾患ではないことが各種検査でわかれば、アジソン病であることを確かめるためにACTH刺激試験という副腎の機能を調べる血液検査を行います。

アジソン病の治療

疾患の確定後には、点滴と内服薬の治療により状態の改善を認めることが多いです。お付き合いの必要な疾患にはなりますが、治療により寿命を全うすることも可能な疾患です。治療の戦略としては、不足している鉱質コルチコイドと糖質コルチコイドを補充する形になります。

〜まとめ〜

アジソン病は症状が多岐にわたり、診断に苦労する可能性のある疾患である

見た目にはわからないことが多く、血液検査にて偶然見つかることも多い

内服薬の治療により、寿命を全うできることが多い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ペットの救急医療を可視化する」をミッションに掲げるANICALの獣医師が執筆。ペット2.0を意識した世界観で問題の本質を問うような記事の作成を心掛けています。