犬の食物アレルギーの症状と治療法について

人にもあるように実はワンちゃんにも食物アレルギーがあることはご存じでしょうか?今回はあまり知られていないペットの食物アレルギーについて紹介します。

 食物アレルギーと皮膚炎

ワンちゃんがよく起こす皮膚炎。実は食物アレルギーによるアレルギー性皮膚炎が一番多く、食物アレルギーを持つ犬は、生まれつきなものも含めると40%に及びます。寄生虫、細菌感染、真菌感染、ノミ・ダニなど外部要因を除外してもなお、ワンちゃんが執拗に体を掻いたり、手足を舐めたりしていたら食べ物によるアレルギー性皮膚炎の可能性があります。

 なにが食物アレルギーになるのか

ワンちゃんの健康維持のために必要な栄養素の一つであるタンパク質が主な原因と言われています。多くのドックフードには肉を主成分としたタンパク質が含まれております。ここで使われている肉はDミートと呼ばれ、人が食べるのには不適格な粗悪なものが使われています。肉にアレルギー反応があるワンちゃんは摂取過剰や長期間同じものを食べ続けることで、アレルギー反応が出ることがあります。
また、以下の食べ物は犬のアレルゲンとなる可能性が高い食べ物です。
・牛肉
・鶏肉
・大豆
・とうもろこし
・乳製品
・小麦
・鶏卵
さらに、ペットフードに含まれる添加物もアレルギーを引き起こす原因となります。

 犬の食物アレルギーの症状

以下のような症状が見られたら、食物アレルギーを疑った方がいいでしょう。
・目、耳、口、股周りに赤みがある
・体を痒がる(アトピー性皮膚炎)
・大量のフケが出る
・抜け毛が多い
・外耳炎を繰り返す
・足の裏や指の間をいじくる
・咳やくしゃみ
・鼻水が止まらない
特に食べ物によるアレルギーを疑った方がよいケースは掻く、舐める、噛むといった行為を執拗に繰り返す場合です。また、外耳炎を繰り返す、背中にフケが出る、全身に湿疹が見られるのも特徴です。

 治療法はあるのか

ワンちゃんの食物アレルギーはアレルゲンを含む食べ物を与えないことが大切です。これが一番難しいのですが。
食物アレルギーを疑う場合、前述したように、寄生虫、細菌感染、真菌感染、ノミ・ダニなど外部要因を除外しないといけません。これらを除外したのちに、食物アレルゲンを特定するには、アレルゲン特異的I gE検査、リンパ球反応検査などを行うことで、食物アレルギーがあることを明らかにします。そのうえで、除去食試験・負荷試験を実施し、総合的に食物有害反応を起こしている原因を特定できるのです。
これらの検査は、費用的に高いだけでなく、飼い主様の粘り強い食事管理の協力が必須になってきます。そのため、食物アレルギーが疑われる症例ですべてこれらの検査を実施しているわけではありません。ある程度、予想をしながら、低アレルギー食を試してみたり、自家食に変えたりするのが、現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ペットの救急医療を可視化する」をミッションに掲げるANICALの獣医師が執筆。ペット2.0を意識した世界観で問題の本質を問うような記事の作成を心掛けています。