短頭種の呼吸器病とは?パグやブルドックは注意!

前回は短頭種(ブルドック、パグ、ボストンテリアなど)に好発する眼科疾患について紹介しました。夏は、短頭種にとって皮膚病、呼吸器病が悪化をしやすい時期ですが、少しは過ごしやすくなった頃ではないでしょうか。今回は、短い頭だからこそ起こり得る呼吸器疾患について紹介します。

短頭種(ブルドックやパグ、ボストンテリア)の呼吸器病

短頭種気道症候群(BAOS/バオス)

上部気道閉塞の一種で、鼻孔・鼻甲介・鼻咽頭・軟口蓋・舌骨器官、喉頭における気道の狭窄が原因となり気道抵抗が増大し、それによって短頭種気道症候群が発現すると考えられています。

特にブルドックやパグ、ボストン・テリア、キャバリアなどは外科手術が必要となる状態まで悪化するリスクが高いと言われています。

短頭種気道症候群(BAOS/バオス)の症状は?

短頭種気道症候群(BAOS/バオス)の症状はいびき、睡眠時無呼吸症候群、いびき様呼吸音、呼吸困難、チアノーゼ、失神、嘔吐・吐出などがあげられ、死亡例もあります。

この病気は進行性で、高温多湿の環境下ではさらに悪化します。また、一見すると上部気道疾患と関連がないような消化器疾患を併発することもあります。

短頭種気道症候群(BAOS/バオス)の原因は?

短頭種(ブルドック、パグ、ボストンテリアなど)の構造上の特徴は先天的に外鼻孔狭窄、鼻孔の構造、軟口蓋過長などが存在し、一次的に気道抵抗の増大を引き起こします。これにより、常に吸引困難を呈し、二次性に喉頭小嚢外転、喉頭虚脱および咽頭虚脱を引き起こし、さらなる呼吸障害を生じます。

外鼻孔狭窄

先天的に鼻孔が小さくなっている状態で、外鼻孔が直角になっているため、吸引時に拡張不全が認められます

細いストローと太いストローでの液体の吸いやすさを思い浮かべるといいかもしれません。

治療法はシンプルに外科手術で外鼻孔を広げてあげることですが、その他の異常を伴っている場合(軟口蓋過長など)、あまり改善がみられないこともあります。

軟口蓋過長

軟口蓋は鼻咽頭の床と咽頭口部の蓋を形成する可動性の構造物で口腔や鼻腔の開閉の役割をしています。

軟口蓋過長は文字通り軟口蓋が伸びすぎているため、喉頭蓋と隙間が無い状態です。
いびき様呼吸音やゼロ音が聴取されれば、この疾患を疑った方がいいでしょう。

喉頭虚脱

喉頭小嚢は、声帯手前にある喉頭室内の粘膜組織が吸引努力により外転することで認められます。喉頭小嚢が反転すると腹側の声門裂が閉塞することで気道抵抗が増大します。

そのため、より呼吸状態が悪化するという悪循環に陥ることになります。

短頭種気道症候群(BAOS/バオス)のまとめ

・短頭種(ブルドック、パグ、ボストンテリアなど)は、先天的に気道が細い

・気道が細いと同じ量の空気を吸う場合に、より大きな力が必要であり、抵抗が大きいことを意味する

・より大きな吸う力(陰圧)がかかると、軟部組織が引き寄せられ、さらなる狭窄を招く

短頭種に関する目の記事はこちら

短頭種の目の病気を解説|パグやブルドッグ必見!

2018.12.02

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ペットの救急医療を可視化する」をミッションに掲げるANICALの獣医師が執筆。ペット2.0を意識した世界観で問題の本質を問うような記事の作成を心掛けています。