ホームドクターがアドバイス!猫に噛まれたら?

日々の猫ライフの中で、猫になめられることはあっても、噛まれることはあまり多くはありません。
しかし、猫ちゃんに噛まれた場合は、注意する必要があります。
猫ちゃんが持っている常在菌などが、噛まれることによって体内に入り込むことで感染症を引き起こす可能性があるのです。

猫に噛まれることで起きること

愛情表現としての甘噛みや撫でられるのが嫌で甘噛みしたりすることがあると思います。
強く噛まれて傷ができるようなことがなければ心配ないと思いますが、猫の口腔内には、様々な細菌が認められ、よく知られているものにパスツレラ症があります。
パスツレラ症のほかにも、Q熱、猫ひっかき病、カプノサイトファーガ症などがあります。その中でも症例数が多いパスツレラ症について解説します。

猫のパスツレラ症とは?

パスツレラ菌の猫での保有率は100%と言われています。また、パスツレラ症は、人獣共通感染病に指定されています。臨床症状としては、局所化膿症、呼吸器感染症、全身感染症の3つに分類されます。
局所化膿症が一番多く、症状は噛み傷、引っかき傷の約30分~数時間後に激痛を伴う腫脹と臭いにおいのする浸出液が排液され、糖尿病などの基礎疾患のある人では、重症化する傾向が認められます。
統計によれば、噛まれた人の4分の1で、受傷部の化膿が認められ、また同じくらいの割合で発熱が認められます。

猫に噛まれたら?

もし野良猫に噛まれた場合は水でしっかり洗い流して、受傷部を圧迫することで少しでも体内に入り込んだ唾液を出すようにしましょう。
応急処置ができたら、早めに近くの医療機関を受診するようにしてください。重症化すると、指を切断することになったケースや入院したケースがあるので、念には念を入れるようにしてくださいね。
くれぐれも、人の病院に受診するようにしてくださいね!

こちらの記事は「なかじま動物病院」とのタイアップ記事になります。

 

「なかじま動物病院」の他のタイアップ記事はこちらをチェック!

ホームドクターがアドバイス!野良猫を拾ったら!?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師が獣医療について飼い主さんに情報発信する場所を作りたい。「生きた情報」を発信していく場がまずは必要であると考え、ペットの医療を取り扱うメディアを立ち上げました。