頻尿は膀胱”ムズムズ”のサイン?〜細菌性膀胱炎とは〜

犬も猫も人と同じように「膀胱炎」になります。その病態発生に関しては、解剖学的構造の違い、生活スタイルの相違により多少の違いはありますが、ヒトの女性に多いように、犬、猫でもメスに多い傾向があります。膀胱炎とは、何らかの要因により、膀胱に炎症が起きている状態です。
ちなみに、犬では細菌性膀胱炎が最も多いとされています。

膀胱炎の要因

健康な犬では、以下のような性質により、細菌の感染を防いでいます。

・残尿のない膀胱と尿道
・健康な粘膜が持つ抗菌力
・本来の尿が持つ抗菌力

しかし、この状態が崩れると、細菌が定着する足場が作られることになります。

・膀胱や尿管、尿道内に結石がある
・尿量の減少による貯尿時間の延長
・基礎疾患を持っている(免疫抑制状態を引き起こす疾患:クッシング症候群など)

このような原因によって泌尿器の粘膜が本来持っている抗菌バリアが障害を受け、感染が成立するリスクが上昇します。

症状

膀胱炎の原因は多岐にわたりますが、膀胱炎の症状は頻尿、残尿感、排尿痛、血尿のいずれかが、認められることが多いです。
普段から、排尿の回数や、一回の尿量、尿の色合いなどを気にしていると、このような異常にが目に留まると思います。

膀胱炎の種類

膀胱炎をその病期で分類すると【急性】と【慢性】にわけられます。急性の場合、適切な抗菌薬治療により、完治することがほとんどです。
しかし、不適切な抗菌薬の投与や、背景に基礎疾患が存在すると急性の膀胱炎が、だらだらと続いてしまう可能性があります。

急性膀胱炎(単純性下部尿路感染症)

一般的には無菌状態である泌尿器において、微生物が定着し、増殖します。

何らかの基礎疾患(糖尿病、副腎皮質機能亢進症など)がある場合や、病歴に閉鎖性下部尿路疾患(尿石症など)を発症し、尿道カテーテル留置や尿路変更術などの手術を受けた子では発生率が高くなります。

慢性膀胱炎(難治性下部尿路感染症)

急性膀胱炎の治療をしても膀胱炎が完治しない場合や、再発を繰り返す状態です。

度重なる炎症によって膀胱粘膜の肥厚が起こり、細菌感染が粘膜の深部に達することで抗生剤が届かず難治性となることが一因です。
未去勢のオス犬では前立腺の感染が併発しているケースもあります。
また、結石、膀胱腫瘍などが存在する場合にも感染を繰り返すことがあります。この場合は結石や腫瘍が原因であるため、そちらを取り除くことで、症状が消失します。

糖尿病、副腎皮質機能亢進症、腎不全などの基礎疾患が存在するために膀胱炎が再発を繰り返す場合もあります。この場合も基礎疾患に対する治療を行うことが膀胱炎が再発しないためには必要です。

耐性菌問題

また適切な治療を施さないと「耐性菌」を生じさせることにもつながります。
耐性菌に対する治療は長期に及ぶこともあり、犬のQOLを低下させるのみならず、飼い主にとっても精神的、経済的負担になります。

耐性菌を生み出さないためには以下のことが重要です。

指示された薬の量や投与間隔を守る(飲んだり飲まなかったりが一番良くない)
・適切なタイミングで培養検査を行い、菌の同定と薬剤の感受性を把握する

慢性化した犬の膀胱炎に対してはクランベリーなどのサプリメントを薬と併用し、膀胱の粘膜バリアを強化する方法もあります。

まとめ

▷膀胱炎と一口に言っても程度は様々です。適切な抗菌薬の使用により、単純な膀胱炎は完治します。

▷膀胱炎を放置して尿管、腎臓へ感染し「腎盂腎炎」と呼ばれる命に関わる疾患に移行する可能性も孕んでいます。

▷いつもと排尿の様子がちがうなと思ったら、なるべく早くかかりつけの獣医さんに相談しましょう。

泌尿器疾患の検査についてにの記事はこちらをチェック!

腎臓の血液検査~BUNやクレアチニンからわかること~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です