犬に危険な植物(花)のまとめ【獣医師監修】

犬に危険な植物(花)のまとめ

犬がお散歩中に公園や道端に生えている草花を食べていること良くありますよね?その草花の拾い食い、実は危険が潜んでいる可能性もあります!多くの場合、多少食べてしまっても、健康を害することはありませんが、今回は、犬が口にしてしまったら危険な植物をご紹介します!

アジサイ

犬がアジサイを食べたことによる食中毒は数多く報告されています。アジサイの根、葉、つぼみに含まれるアミグダリンという物質が中毒性の原因と考えられます。

このアミグダリン自体には毒性はないのですが、動物が食べることで消化の際に出される酵素に反応して猛毒のシアン化水素を発生して、中毒症状を引き起こします。そのため、肌に触れることでの中毒症状は報告されていません。アミグダリンは梅やアーモンド、桃にも含まれますので、注意してくださいね。

症状としては、ふらつき興奮過呼吸嘔吐けいれん麻痺など様々な症状が見られます。

もしも食べてしまった場合は、まず口や足の周りなど舐め回さないように十分に拭き取ってください。吐かせることで症状の重篤化を防ぐことが出来ますが、慣れない処置により逆効果になることもありますので、無理せずにすぐに動物病院に連絡して連れて行ってください。

ツツジ

ツツジ植物全体にグラヤノトキシンと呼ばれる毒素を含み、嘔吐や下痢、過度なよだれを引き起こし、発作や昏睡状態、最悪の場合死に至るケースもあります。

ヒガンバナ

ヒガンバナ植物全体に毒があり、特に鱗茎(球根の一部がタマネギ状に厚い鱗片が重なって球形になったもの)が有毒です。口にすることによって、下痢やよだれ、嘔吐など引き起こし、最悪の場合死に至ることもあります。また、接触するだけでも皮膚にカブレが出るので注意しましょう。

ユリ科植物

ユリ科植物にはユリやチューリップ、イヌサフランがあります。ユリは毒があることでは有名ですが、球根だけでなくチューリップには植物全体に、イヌサフランにはにも毒性があります。腎障害や視覚障害、全身麻痺など様々な症状があげられ、死に至ることもあります。観賞用植物として扱われることが多いため、散歩時だけでなく室内外やベランダ、お庭でも注意しましょう。

さて、今回は犬にとって有害な植物をピックアップしてみましたが、皆さんがご存知の花や植物が含まれていたのではないでしょうか?もちろん、危険があるからといって、草むらを散歩させないようにするのではなく、正しい知識を知っておくだけで、いつもの散歩がより安全で楽しいものになることを願ってます!

犬とおでかけに行く方は合わせてこちろの記事もご確認ください!

犬の夏に起こる病気|食中毒、ノミ/ダニ、熱中症

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ペットの救急医療を可視化する」をミッションに掲げるANICALの獣医師が執筆。ペット2.0を意識した世界観で問題の本質を問うような記事の作成を心掛けています。