犬の 飲水量 と尿量の関係から病気に迫る!

犬の 飲水量 と尿量の関係から病気に迫る!

お家のわんちゃんがやたらと水を飲むようになった?尿の量がいつもよりも多い気がする?

その現象は「多飲多尿」と呼ばれる「病気のサイン」かもしれません!
異常を鑑別するためにも、まずは正常な飲水量について説明したあとに、多飲多尿を呈する疾患について簡単に説明したいと思います。

犬の正常な 飲水量 は?

犬の正常な飲水量は 24時間のうちに体重 1kg あたり 40ml~60mlと言われています。

逆に、24時間のうちに体重 1kg あたり 100ml 以上飲む場合は飲みすぎている可能性があります。

ただし、真夏や常用薬の種類によっては薬の副作用で飲水量が多くなることもあるため、臨床的には、経時的に飲水量が多い場合を「多飲」と表現します。

飲水量と尿量の関係

我々生き物は、動的平衡と呼ぼれる状態を保って生きています。
これはつまり、飲水量が増えたら尿量を増やして体内の水分バランスを適正に維持しているということです。

逆も然りです。尿量が増えたら、インを増やさないと体内の水分バランスが保てないため、飲水量が増えるのです。

これを踏まえると、多飲多尿を呈する病気は、大きく2つに分類できます。
①飲水量が増加するため、尿量が増える
②尿量が増加するため、飲水量が増える

さらに、②は大きく2つにさらに分類できます。
①水利尿(過剰な水が排出されてしまう)
②浸透圧利尿(糖や電解質の過剰な排出に伴い水も一緒に排出されてしまう)

犬で多飲多尿になる病気

クッシング

【症状】多飲多尿、腹部膨満、膿皮症…
生体を維持するために不可欠なホルモン(グルココルチコイド)が持続的に過剰分泌し、 代謝異常や、異化亢進や簡易感染などさまざまな負の側面が現れる疾患。
犬では、人や猫と比較して圧倒的に発生率が高く、重要な内分泌疾患として有名です。

子宮蓄膿症

【症状】多飲多尿、 元気消失、腹部膨満、嘔吐…
膣粘膜の pH バランスが崩れ子宮内への細菌感染による炎症から子宮内に膿が貯まる疾患。
ホルモンの影響を受けて肥厚増殖した子宮内膜は細菌感染が起こりやすくなります。
避妊をしていない高齢のメスに多くみられ、症状が重くなると敗血症を起こし亡くなることがあります。

犬の 子宮蓄膿症 が起こる理由・症状・治療

2018年10月18日

糖尿病

【症状】多飲多尿、多食、体重減少…
人の糖尿病はI型、II型、その他に分類されます。しかし、犬の糖尿病の分類は未だ不明な点が多い疾患です。
インスリン欠乏により高血糖が進行し、腎臓でのグルコース再吸収の閾値を超えて尿糖が出現します。
尿糖が現れない限り、糖尿病の臨床症状がみられることはありません。裏を返すと尿糖の出現により多飲多尿や体重減少が見られるようになります。

慢性腎不全

【症状】 多飲多尿、食欲低下、体重減少、嘔吐…
腎臓は、肝臓と同様に「沈黙の臓器」と呼ばれるように、大幅に機能が低下してから症状が出てきます。
症状が出た時には腎臓の約 75%の機能がすでに失われています。 心臓病や歯科疾患から腎臓病を続発することもあります。

高 Ca 血症

【症状】 多飲多尿、不整脈、虚弱、元気消失、嘔吐…
重度の高 Ca 血症が引き起こされる疾患の代表的なものは悪性腫瘍、原発性上皮小体機能亢進症、アジソン病です。
高齢犬の高 Ca 血症はほどんどが悪性腫瘍によるものです。

犬の血液検査でカルシウム値が高いときに考えられる病気

2019年2月23日

〜まとめ〜

飲水量の変化は意識しないと気づかないことも多く、注目することは少ない変化かもしれません。しかし、実際に重要な疾患のサインであることがあります。

先送りにしたくなる気持ちは分かりますが、飼い主様が察知した異変は当たっていることが多いように感じます。僅かでも違和感を感じたら検査へ進むことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師が獣医療について飼い主さんに情報発信する場所を作りたい。「生きた情報」を発信していく場がまずは必要であると考え、ペットの医療を取り扱うメディアを立ち上げました。