犬のチョコレート中毒を予測する方法とは?

どんなに気を付けていても、目を離した瞬間に犬がチョコレートを食べてしまうこともあるでしょう。チョコレートの誤食で病院に来院されることは頻繁にあることではありませんが、時折電話で相談を受けることもあります。

『チョコレートを食べてはいけない理由』は、こちらの記事をチェックしてみてください!
[su_button url=”https://24animal.com/dogeatchocolate0/” background=”#990000″ size=”5″ center=”yes” radius=”0″]記事を読む[/su_button]

犬のチョコレート中毒を予測する方法

犬がチョコレートを食べてしまった場合、重要なのは食べた量です。

もしも、あなたのワンちゃんがチョコレートを食べてしまったら・・・

そんな時に、役に立つWEBサービスをご紹介します。

犬のチョコレート中毒のときに「Vetsnow」

Vetsnowは、イギリスでペットの救急医療サービスを展開している会社で、そのwebサイト上でチョコレートの中毒量を計算できるツールがあります。

 

[su_button url=”https://www.vets-now.com/app/chocolate-calculator” background=”#990000″ size=”5″ center=”yes” radius=”0″]Vetsnowが気になる方はクリック![/su_button]

5kgのミニチュアダックスフンドが、板チョコ(ミルク)を50g食べてしまった場合


例えば、
5kgのミニチュアダックスフンドが、板チョコ(ミルク)を50g食べてしまった場合、このような結果が出ます。

実際の画面

緊急度が3段階で表示される

 

今回の症例では、一番右の「動物病院に必ず連れていくレベル」が表示され、すぐに病院に連れて行ったほうがいいことがわかります。
現在のところ、予測できるツールはチョコレートのみですが、このような形で
医療のことを知らなくてもある程度状況を予測することができます。

これを知っているのと知らないのでは、もしもの時の対応が大きく変わってきます。
是非一度使ってみてください!

 

 関連記事はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師が獣医療について飼い主さんに情報発信する場所を作りたい。「生きた情報」を発信していく場がまずは必要であると考え、ペットの医療を取り扱うメディアを立ち上げました。