犬の玉ねぎ中毒とは?症状や原因物質は?

チョコレートに次いで犬において臨床遭遇率が高いと言われているのがこの玉ねぎ中毒

犬の玉ねぎ(タマネギ)中毒とは?症状や原因物質は?

生の玉ねぎだけでなく、加熱処理したハンバーグや肉じゃがなどに注意が必要です。玉ねぎの入った肉じゃがの肉を食べただけでも中毒を発症した例もあるので玉ねぎなどのネギ類を使った料理は注意が必要です。

犬のタマネギ(玉ねぎ)中毒で注意すべきネギ類

・にんにく
・長ネギ
・玉ねぎ
・ニラ
・らっきょうなど

犬に玉ねぎ(タマネギ)を与えてはいけない理由|原因物質は?

空気中の酸素は赤血球中のヘモグロビンと結合し、全身に運ばれて細胞の活動に使われます。

玉ねぎ中に含まれる有機チオ硫酸化合物は、犬において赤血球中のヘモグロビンを酸化することで、本来の酸素を運搬する機能を阻害します。

チョコレート中毒の場合、中毒量計算ツールが存在しましたが、玉ねぎは少量でもヘモグロビンの変性を生じさせてしまいます。

犬の玉ねぎ中毒の症状は?

一般的には、犬のタマネギ中毒の症状は玉ねぎを食してから数日経過してから症状が出ることが多いです。

・貧血(ヘモグロビン変性による)
・血色素尿
・嘔吐(胃腸炎による)

玉ねぎの中毒量は?

体重1㎏あたり、20g(玉ねぎ1個の約1/10)と犬では言われています。
食べた量が重要となるチョコレートと異なり、玉ねぎは比較的少量でも、赤血球にダメージを与えるため、中毒症状が出やすいです。

 

 関連記事はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ペットの救急医療を可視化する」をミッションに掲げるANICALの獣医師が執筆。ペット2.0を意識した世界観で問題の本質を問うような記事の作成を心掛けています。