眼に違和感があるときに読む記事!犬の代表的な目の疾患一覧

眼や皮膚の疾患は飼い主様自身も気付きやすいため、来院理由の上位になっています。

このような症状はないですか?

  • 急に目ヤニが増えた
  • 白目(結膜)が赤い
  • 眼を痛そうにシパシパしている
  • 眼が白く濁って見える

このような症状が出ている原因は何が考えられるのでしょうか?

犬の目の病気にはどのようなものがあるのか代表的な疾患を見ていきましょう。

【目の構造は?】

わんちゃんと人の目の構造は大きく変わりはないと思っていただいて構いません。

網膜、水晶体、角膜、硝子体などで構成されています。

【よく見られる目の病気】

結膜炎

【症状】流涙、目やに、充血…

眼球は風やほこり、花粉、ウイルス、細菌の影響を常に受けています。正常なわんちゃんは涙液を出して、刺激から防御することができます。しかし、眼周りの毛や埃、ウイルスなどの原因がきっかけとなり、そこに細菌や真菌類が入り込むことで結膜炎になります。防御システムに異常がある場合(涙液量の低下/ドライアイ)や眼球内の炎症が原因になることもあります。

角膜潰瘍

【症状】流涙、目ヤニ、目を細める、痛み…

角膜炎の症状が進行し、角膜上皮が欠損した状態です。欠損の深さによって、治療法や予後は変わります。点眼薬で快方へ向かう場合から麻酔下での外科処置が必要な場合まで様々です。原因は様々で、まつ毛の生え方の異常(逆さまつ毛とも呼ばれる)、外傷、感染、ドライアイ、免疫障害などが挙げられます。

白内障

【症状】白く濁る、視力低下…

水晶体が混濁している状態のことです。
大きく分類すると以下のようになります。

  • 先天性
  • 後天性
  • 老化に伴い起きるもの
  • 他の眼科疾患により二次的に起きるもの

最も一般的でイメージしやすいのは老化に伴い起きる白内障ではないでしょうか?

ただし、白内障から続発してブドウ膜炎に至ることがあります。
「歳だから白くなったんだねー」と放置すると、ブドウ膜炎になり痛みを伴うことがあるので注意が必要です。

緑内障

【症状】強い痛み、充血、目を細める、散瞳…

眼球の中を満たしている液体(房水)が排出できなくなることが原因となることが多く、白内障が関連することがあります。出口を失った房水により眼球内部の圧力(眼圧)が高くなり、激しい痛みが出たり、視神経を圧迫して視覚障害を起こします。
1度緑内障により視神経が障害されて失明した場合は、視力の回復は難しいことが多いため注意が必要です。ほとんどの緑内障は原因となる疾患が存在する続発性のものが多いので、原因を探すことも必要です。

ブドウ膜炎

【症状】充血、まぶしがる、流涙、眼瞼痙攣…

虹彩、毛様体、脈絡膜(これを総じてぶどう膜と呼ぶ)に炎症が起こった状態です。白内障や重度角膜潰瘍に続発することがあります。

ドライアイ(KCS)

【症状】目の表面の乾燥、充血、目やに…

涙腺からの涙液分泌が不足することが原因で、角膜や結膜の水分層が欠乏した状態です。
眼が大きい子や前に出ている短頭腫(パグ、シーズー、フレンチブルドッグ)によく見られます。

まとめ

目の病気は適切な治療により快方へ向かう場合が多いです。しかし、そのままにしておくと悪化したり、最悪失明することもあります。この記事には列挙していませんが、他にも眼にできる腫瘍や網膜剥離のように外から見ただけではわからない疾患もあります。

気になる症状があるときは、かかりつけの獣医さんに相談してみましょう。

さらに詳しい目の病気はこちらの記事をチャック!

目に傷があるかも!?角膜潰瘍について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ペットの救急医療を可視化する」をミッションに掲げるANICALの獣医師が執筆。ペット2.0を意識した世界観で問題の本質を問うような記事の作成を心掛けています。