犬の熱中症の症状と原因|応急処置を解説!

猛暑が続く、今年の夏。24時間エアコンをつけた状態で過ごされている方も多いのではないでしょうか。犬、猫ちゃんもクーラーの効いた部屋の中で快適な生活をしていることでしょう。

お散歩も早朝、太陽が沈んだ夜にされる方がほとんどだと思いますが、たまに日中に散歩をしている方も見かけます。お散歩に出かける前には、地面の温度を必ず確認してくださいね。

さて、7月も週末、これから、お出かけのシーズンですが、愛犬とアウトドアにでかける方は、犬の熱中症に注意してくださいね!そこで、今回は犬の熱中症について解説していきたいと思います。

犬の熱中症の原因や症状|応急処置を解説

この記事では犬の体温を下げる仕組みとどうして熱中症が起こるのか、熱中症になった時の応急処置を解説していきます。

犬の体温を下げる仕組みは?

犬は、人と同じように全身から汗をかくことはありません。ワンちゃんを飼っている方でしたらご存知だと思いますが、走り回って遊んだ後に体を触っても汗をかくのは、肉球部分のみなのです。

では、どのようにして体温を下げているかというと、主に気道からの水分の蒸散によって体温を下げているのです。ですから、走り回った後に、ハーハーしている場合は呼吸によって体温を下げていると考えられます。

犬の熱中症の原因は?

もちろん猛暑による環境温度の上昇が、犬の熱中症のリスクファクターであることは間違いありませんが、発症の主な原因は飼い主による不注意であることが多いのです。

車移動中に、コンビニに行く際に車の中に閉じ込めて置いたり、日影がない場所で遊ばせたり。このような場合、わずかな時間であっても犬にとっては急速に体温が上昇する要因になるため、熱中症に容易になってしまいます。

犬の熱中症の症状は?

・呼吸数の増加(体温を低下させるため)
・体温上昇
・心拍数増加
・発作(水分喪失、電解質アンバランス、脳への血流不足)
 

犬の熱中症を疑った時の応急処置

熱中症を疑った場合、まずは身体を保冷剤等で冷やしてください。

この際、保冷材はタオルで巻いてくださいね。意識がしっかりしている場合であれば、水風呂に入れるのもいいでしょう。

ただし、この場合、水につけるのは首の後ろまでにするようにしてください。
同時に、受け入れ可能な動物病院をさがしましょう。



重度の熱中症の場合、命を落とす危険もあります。体温が下がっても、脱水を起こしていたり、電解質のバランスを崩している恐れがありますので、必ず動物病院へ連れて行ってくださいね!

 

 関連記事はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師が獣医療について飼い主さんに情報発信する場所を作りたい。「生きた情報」を発信していく場がまずは必要であると考え、ペットの医療を取り扱うメディアを立ち上げました。