犬は牛乳を飲むと下痢をする?子犬なら平気?

犬の食が細く、ドッグフードを食べない!と悩むオーナーさんは少なくありません。幼いころの記憶を呼び覚まそうと、ペットフードに牛乳をかけて食べさせている方もいるのではないでしょうか?しかし、犬に牛乳を飲ませてもいいのでしょうか?今回は、牛乳の成分と犬が持つ消化酵素からその答えに迫りたいと思います。

犬が牛乳を飲むと下痢をするの?子犬の時は大丈夫なのか?

牛乳に限らず、哺乳類の母乳には“ラクトース(乳糖)”という糖の一つが含まれています。この成分は“ラクターゼ”という酵素によって、グルコースとガラクトースに分解・吸収されることで利用されます。

子犬のころは、母乳が栄養・免疫にとって重要なため、この酵素は子犬では成犬よりも多く持っていますが、成長するにつれてどんどん少なくなっていきます。

成犬の多くがラクターゼが少ない

成犬の多くはラクターゼが少ないため乳糖を小腸で消化できず、大腸に到達します。ラクトースは単糖類よりも浸透圧が高いため、大腸壁から水分の分泌亢進を促し結果として下痢を起こしてしまうのです。

下痢が続くようなら動物病院へ

他にも、乳頭分解菌による酸、ガス発生により大腸の蠕動運動亢進も下痢に関与しています。万が一、激しい下痢が続くようでしたら、必ず動物病院へ行ってくださいね。また、牛乳はカロリーが高く、肥満の原因にもなります。

子犬なら牛乳は飲ませて大丈夫?

牛乳と犬の乳の成分を比較すると、犬や猫の乳は牛乳に比べてたん白質や脂肪の量がより多く、 乳糖などの炭水化物が少ないのが特徴です。 なので、成犬と同様に下痢を起こしてしまうことがあります。牛乳と犬の乳の成分の割合は以下のようになっています。

牛乳の成分:たん白質 26%、脂肪 28%、乳糖 40%、ミネラルなど 6%

犬の乳の成分:たん白質 33%、脂肪 42%、乳糖 15%、ミネラルなど 10% 

この数字を参考にすると、子犬や子猫に母乳の代わりに牛乳を与えることで、エネルギー (カロリー) やたん白質が不足して、 健全に成長できない可能性があります。子犬にも専用のミルクを与えましょう。
(参照:環境省 飼い主のための ペットフード・ガイドライン)

犬に与える牛乳の代用品は?

牛乳の代わりに推奨できる乳製品

ペット用ミルク
牛乳とは違いラクターゼが分解されていて、さらに犬に必要な栄養素も加えられています。

ゴートミルク
牛乳より乳糖が少なく消化性も良いとされています。

カッテージチーズ
牛乳の難点であるラクトースとカロリーはなく、いい栄養成分のみ温存されています。

 

牛乳を飲んでお腹を壊す人がいれば、壊さない人がいるように、牛乳を飲んでも平気な犬もいます。しかし、下痢を起こす危険性があることを覚えておいてくださいね!

 

 関連記事はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です