猫の FIP とは?猫伝染性腹膜炎の症状・治療

猫の FIP とは?猫伝染性腹膜炎について

FIP とは猫伝染性腹膜炎ウイルスによる感染症で子猫や老齢の猫に多い感染症です。

FIP・猫伝染性腹膜炎ウイルスとはどんな病気?

FIPを引き起こす原因は猫腸コロナウイルスというウイルスです。

このウイルス自体はとても弱いですが、何らかのきっかけで稀にFIPウイルスに突然変異を起こすことがあります。猫腸コロナウイルスは特に多頭飼いの猫に好発し発生率は80~90%と言われています。

そのうちFIPを発症する猫は10%に満たないと言われています。FIPウイルスは非常に毒性が強いウイルスで、一度発症してしまうとほとんどが死亡してしまいます

突然変異の理由はわかってはいません

FIP・猫伝染性腹膜炎ウイルスにはどうやって感染するのか?

ウイルス感染している便や尿または分泌物を摂取→鼻・気管支および消化管粘膜の上皮細胞に感染・増殖→体内に侵入→マクロファージ(白血球の1種)で増殖→ウイルス血症→全身に拡散

FIP・猫伝染性腹膜炎ウイルスの症状は?

ウエットタイプとドライタイプの2種類がありそれぞれで症状が異なります

両方のタイプで出る症状

元気消失

発熱

食欲不振

体重減少

黄疸

細胞性免疫反応が弱いと滲出型(ウエットタイプ)

体の空洞部に出でくる

感染したほとんどはウエットタイプの症状が出てきます

全身性の血管炎が起こる

特に微小血管からの漏出液が腹膜や胸腔に貯留

進行性の腹部膨満

腹水・胸水からの呼吸困難

予後が悪い

細胞性免疫反応をある程度示すと非滲出(ドライタイプ)

臓器部分に出てくる

肉芽腫性病変どこにできるかで症状が変わる

頭部:発作・旋回・四肢の麻痺・起立不能

眼:ぶどう膜炎・眼球の白濁・眼振・緑内障

腸:下痢・嘔吐

両タイプを示すものもあり、初期症状は発熱や食欲低下が主なものなので発見しにくい病気の1つです

特に1歳未満での発症は症状の進行が早く、神経症状が出るものが比較的多く見られる

FIP・猫伝染性腹膜炎ウイルスの治療方法は?

完全な治療方法は確立されてなく、FIPは予後の悪い感染症の1つ

致死性は子猫の方が高いと言われています

免疫力が低下した猫が発症しやすいため、条件の悪い多頭飼い、猫免疫不全ウイルス、猫白血病ウイルスなどに感染している場合は注意が必要

対症療法をうまく併用し、治療を続けると延命が期待できることもあります

FIP・猫伝染性腹膜炎ウイルスの予防方法は?

日本には予防するワクチンはありません

アメリカではワクチンは発売していますが、効果に関しては否定的な部分が多く確実ではありません

室内での快適な生活環境を整え、猫の自己免疫力を高めることが重要

猫コロナウィルスに感染しないことはFIPを避ける唯一の方法ですが、猫コロナウィルスは蔓延しており、ブリーダーや猫シェルターから完全に排除することは非常に難しいです

猫の熱について!考えられる要因は3つ!

2018年11月5日

多頭飼いでFIPの発症が認められる場合はアルコールや一般的な洗剤で死滅する比較的弱いウイルスなので消毒を徹底することが大事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師が獣医療について飼い主さんに情報発信する場所を作りたい。「生きた情報」を発信していく場がまずは必要であると考え、ペットの医療を取り扱うメディアを立ち上げました。