獣医師が解説!胃拡張捻転症候群が起こる理由と原因

嘔吐とは異なり、「吐きたそうにしているのに吐けない」症状が現れた時にはまず、『胃拡張捻転症候群』を疑ってください。遭遇頻度は少ないながら重症度、重要度が高い疾患です。ドーベルマン、グレートデンなどの大型犬を飼っている方なら聞いたことがあるかもしれません。

知っておきたい!犬の胃拡張胃捻転について

大型犬で胃拡張捻転症候群が起こる理由

詳細な原因は、諸説ありますが、がつがつ食べると食事だけでなく、空気も大量に吸い込むことになります。そうすると胃が拡張します。これに、犬種的な要素(胸郭が深い)、年齢(消化管の動きの低下)、急激な運動などが加わると、胃がねじれ、胃の内容物が先に進むことも、嘔吐によって吐き出すこともできなくなります。その結果、胃内にさらに大量のガスが溜まり、お腹の中でパンパンに膨らむことで他の臓器や血管を圧迫し致死的な状態を招きます。

胃拡張捻転症候群の症状

胃が拡張しているのみであれば、お腹が張ってる、げっぷをするなどの症状でとどまりますが、胃捻転が加わると一気に緊急性が高まります。捻転により、臓器の血流が低下し、さらにバリア機能が低下すると、菌血症を引き起こし、全身の血流量及び血圧が低下し、心臓では不整脈が引き起こされるなど危険な状態へと移行します。
症状の出方としては食後すぐに発生することがほとんどで、吐きたそうにする仕草をするのに吐けない、急激に腹部が張ってくる、呼吸が速く落ち着かなくなることで、状態の異変に気づくことが多いです。

胃拡張捻転症候群の気になる原因と診断

はっきりとした原因は解明されてはいないのですが、上記のように「水、食べ物、空気などを大量に急速に摂取すること」「胃の活動性が低下している」状態が重なった時になるのではないかと言われています。具体的には食後の激しい運動や、荒い気性の持ち主、加齢、胸の深い大型犬であることの関与が考えられます。
胃拡張捻転症候群に陥ってしまったときは一刻を争う緊急事態です。すぐに動物病院にて処置が必要になります。
血液検査、レントゲン検査、超音波検査、心電図検査を行い、全身状態を確認した上で胃の減圧処置や然るべき施設での緊急の整復手術が必要になることもあります。
ただし、状態によっては胃や脾臓が壊死したり、それに伴う腹膜炎や循環不全を原因とする血液疾患、不整脈で命を落とす割合も比較的高い怖い疾患であることは認識してください。

胃拡張捻転症候群のまとめ

・胃拡張捻転症候群は胃が重度に膨らみ、さらに捻転することで全身に致死的なダメージを与えうる疾患です。
・予防のために食後や消化中には激しい運動を控え、高齢犬の場合は、特に食事を小分けにしましょう。
・「吐きたそうにしているのに吐けない」など当てはまる症状が見られた際は直ぐに獣医師の指示を仰ぎましょう。

嘔吐に関する記事はこちらをチェック!

獣医師が解説!嘔吐のチェック項目について

獣医師が解説!~嘔吐物の色でワンちゃんの状態をチェック~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です