犬で腸閉塞が起きる原因と症状は?

腸閉塞とは、機械的に又は物理的に腸管が閉塞した状態を指します。混同されることも多いですが、「イレウス」とは同じ意味ではありません。イレウスとは、腸管麻痺により、腸管の蠕動運動が低下することを示します。そこで今回は腸閉塞について、その原因と症状に迫ってみたいと思います。

腸閉塞の原因は?

異物によるもの

おもちゃやビニール、木片、石、ボールなどの異物の誤飲。特に危険なものは、ひも・ボール・骨などです。特に小型犬の場合には、ビー玉歩度の大きさのものやペットシーツなどの柔らかいものなどでも腸閉塞になってしまう可能性があります。

腫瘍によるもの

腸の腫瘍や腸管周囲の臓器の腫瘍が大きくなり腸管を圧迫してしまうことで、腸閉塞が引き起こされます。

寄生虫感染によるもの

腸管内に大量寄生した内部寄生虫が閉塞の原因となることがあります。

ウイルスによるもの

犬パルボウイルス・ジステンパーウイルスなどの感染による激しい下痢から腸重積(腸管の一部が隣り合う腸管に入り込んでしまう病気)が生じ、通過障害を起こすことがあります

腸閉塞の症状は?

元気がなくなる

異物を飲み込んでからすぐに発症するのではなく、時間がたってから徐々に症状が見られ悪化していきます

食欲がなくなる

異物や癌などで腸の一部をふさぐことで、消化管の動きが悪くなり、食欲が落ちてしまいます

嘔吐

状態によっても症状の出方は変わりますが、完全に閉塞している場合は初期ほど頻回の嘔吐が見られます。閉塞部位よりも前の消化管内容物が嘔吐により出きっている状態ですと嘔吐がみられない場合もあります。

腹痛

腸閉塞は異物や腫瘍が腸をふさいで腸の働きを鈍らせるため、つまった部分からお腹の一部が膨れたりします。また、腸閉塞から続発性の膵炎や腹膜炎を起こすことにより腹痛が誘発されます

腸閉塞に気付かずに、長時間放置してしまうと、閉塞された腸管の血行が阻害されてしまいますので、腸管が壊死してしまい、最悪の場合死に至ることもあります

腸閉塞を疑うきっかけは?

若い犬の場合は、なんといっても誤食でしょうか。あったものがない場合には、犬が誤食している可能性を疑いましょう。多くの異物は、特に犬の体に悪影響を及ぼさずに、便となって出てきます。しかし、中には、催吐処置が必要であったり、内視鏡、開腹手術が必要になるケースもあります。
言うまでもなく一番の予防は「誤飲を防ぐこと」これはつまり犬の生活環境に日頃から気を遣うことです!防げる腸閉塞は、我々ひとの手によって未然に防ぎましょう。

 

異物誤食についてはこちらの記事をチェック!

ペットの誤食の起こる理由と対策について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ペットの救急医療を可視化する」をミッションに掲げるANICALの獣医師が執筆。ペット2.0を意識した世界観で問題の本質を問うような記事の作成を心掛けています。