【かゆみの原因ランキング】実際に出会うことが多い原因

 

最も身近な皮膚のトラブルといえば「かゆみ」ですよね。

かゆみを訴えるペットさんを見ているのは飼い主様にとっても辛い時間だと思います。

一刻も早くかゆみを取り除いてあげたい気持ちでいっぱいではないでしょうか。

 

かゆみを引き起こす原因は一つであるとは限りません。

実際に診察の現場で出会うことが多い順番に、かゆみを起こす原因を簡単に見ていきましょう。

 

かゆみの原因

1.感染

皮膚に細菌マラセチアが感染している状態。

人でも言えることですが、基本的に健康な皮膚に感染が成立することは非常に少ないです。

つまり、細菌やマラセチアの感染が起こっているのは、皮膚のバリアを落とす何かしらの因子が皮膚に起こっていると疑った方が良いです。

【考えられる因子】

  • 脂漏症(しろうしょう)

皮脂腺からの分泌が過剰で細菌が増えやすい皮膚環境になる。犬種やよく出る部位に傾向があります。

  • 外傷や刺激

ひっかく、こする刺激により皮膚の角質が剥がれ細菌から身体を守る層を失う→さらにかゆみが増す→さらにひっかく、こする→これの繰り返しで悪化します。

  • 内分泌疾患

高齢になってから発症することが多い。内分泌疾患によって皮膚の構造が正常を保てなくなり感染が成立する。

  • 外耳炎

耳の内部の環境の悪化により、共生していた常在菌が大量に増えることでかゆみを訴えます。この時同時に耳垢が増えたり、耳が赤く腫れる症状を示すことも多いため注意して観察してあげてください。

 

2.アレルギー

身体の免疫細胞の過剰な反応によりかゆみが出る状態。スギ花粉など人のアレルギーではくしゃみが出るが、犬のアレルギーは身体のかゆみとして出ることがあります(アレルギーでくしゃみが出る子は非常に少ない)。

  • ノミアレルギー

ノミに対する過剰反応があり、お尻や腰回りのかゆみを訴えることが特徴的です。ノミ予防のお薬で対処可能です。

  • 蚊アレルギー

蚊に刺されることで激しいかゆみが出て、毛の少ない耳の外側に出ることが特徴的です。ひっかいてかさぶたになることが多いです。

  • 食物アレルギー

一番頭に浮かびやすいためか、多くの飼い主様がご飯の関与を疑う声を耳にします。食物アレルギーはご飯を食べた直後にかゆみを訴えることが多く、ご飯に接触する口の周りや、肛門周りにかゆみや赤みが出るのが特徴的です。アレルギー用のご飯が複数の会社から出ているが、アレルギー用ご飯にもその子に合うもの合わないものや、ご飯以外の因子が複合して関連していることもあるので評価に注意が必要です。

  • アトピー性皮膚炎

遺伝的な要因や犬種によって先天的にかゆみを引き起こす因子を身体にもつ状態で、脇や鼠径部、足先を舐めることが多いです。

  • 好酸球性局面

猫で部分的に脱毛を示します。脱毛した部分の細胞を検査すると、好酸球という免疫細胞が集まっていることがわかります。ステロイドで免疫を抑える治療をすると良化することが多いです。

 

3.行動学

  • 肢端舐性皮膚症

皮膚自体に原因はないのですが、人がスマホを触るかのように足先を舐めることが癖になっている子がいます。長い間同じところを刺激していると皮膚のバリアが弱くなり感染することでかゆみが出ます。

  • 心因性脱毛症

ストレスに対抗して自分を落ち着けるために、毛をむしるようにかじる行動をとる子がいます。例えば、大好きな飼い主様と離れたお留守番の時や、近くの工事現場から大きい音がずっとしている期間など様々です。

 

4.寄生虫

  • ノミ

ノミが寄生していることでかゆみが出ます。ノミに感染していると毛にものすごく小さい黒い粒が付きます。これはノミの糞で、テッシュで潰すと赤くにじむことが特徴です。

  • 疥癬(ヒゼンダニ)

顔や耳の辺縁に脱毛を作ることが特徴的です。左右非対称性の強いかゆみが出ます。

  • シラミ

人の子供の間でも流行したことでお馴染みのシラミ。ノミとセットで予防できる薬が一般的です。

  • ミミダニ(ミミヒゼンダニ)

真っ黒な耳垢が大量に出ることが特徴的です。耳ダニも強い耳周辺のかゆみを訴えます。

 

免疫介在性

自分の免疫が過剰反応により自分自身を攻撃してしまう珍しい病気です。

薬疹

薬や消毒液に対して過敏な反応を示すことが稀にあります。

薬を飲み始めて逆に悪化したり、消毒薬を使った後にかゆみや赤みが増す場合は薬疹も疑いましょう。

 

〜まとめ〜

この記事ではなるべく網羅的にかゆみにつながる原因を列挙しました。

しかし、皮膚の疾患は奥が深く、複数の因子が複雑に絡み合っていることもあります。

原因によっては定期的なシャンプー、洗浄や内服など継続的な治療が必要です。

その子に合った治療方針を決定するためにも、獣医師と共に原因の特定を確実に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です