犬の 腎不全 で考える処方食・食事

質問:犬の 腎不全 で考える処方食

犬を飼っており、 腎不全 ステージ2か3と診断されました。以前、膵炎になったことがあるのでフードをどうするか悩んでいます。

膵炎になったことがあると腎不全用のフード(処方食・食事)は脂肪分が多く膵炎のリスクがあるからやめたほうがよい という獣医さんと関係ない食べるなら腎不全用で という獣医さんがいます。

何が正解っていうのはないのかもしれませんが…

獣医師の回答

高脂肪食が膵炎のリスクファクターになるというエビデンスは実は存在せず、特定の犬種のみ(ミニチュアシュナウザー)で報告されています。

ただ、人の慢性膵炎患者では、脂肪が多い食事をすると腹痛を引き起こすことが知られていることもあり、それで高脂肪食を避けなさいという先生が多いように感じます。
そうなると、炭水化物を摂取することになりますが、これは通常のフードや、パスタなどに該当します。

腎不全では、結局のところ、水分不足になりやすいので、低脂肪のウェットフードをあげる、水をいつでも飲めるようにするなどを最優先にすることをお勧めします。
というわけで、処方食をあげるのであれば、低脂肪フードの方がいいと思います。

こちらの動画では高脂血症について述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師が獣医療について飼い主さんに情報発信する場所を作りたい。「生きた情報」を発信していく場がまずは必要であると考え、ペットの医療を取り扱うメディアを立ち上げました。