猫の 肥満細胞腫 の特徴・症状・治療

今回は高齢猫(老猫)ちゃんで多い腫瘍: 肥満細胞腫 を解説して行きたいと思います。

この記事のまとめ

肥満細胞腫は皮膚型と内臓型があります。内臓型は目視できないため気づかないことが多く、皮膚型は皮膚に白〜ピンクのできものような形で発症します。気になる段階で動物病院で検査してもらいましょう。

肥満細胞種という腫瘍の治療は外科的に切除することになります。多発性で切除できない場合にはステロイド単独投与も効果的です。

猫の 肥満細胞腫 とは?

高齢猫(老猫)で多く見られるが高齢犬(老犬)でも見られます。

肥満細胞腫は深刻な状態にはなりにくいとされる腫瘍です。猫の肥満細胞腫は犬の肥満細胞腫よりも活発でないことが多いですね。

高齢猫(老猫)では高齢犬(老犬)と同じように皮膚にももちろんできますが、内蔵型といって内臓にもできることがあります。内蔵型の肥満細胞腫ではリンパや腸管に腫瘍を形成します。

どんな猫で起きやすい腫瘍なの?

肥満細胞腫は高齢猫(老猫)で起きやすいとされています。

シャム腫の猫ではリスクが高いとされていますが、どのような猫種でも見られます。

猫の肥満細胞腫の症状は?

高齢猫(老猫)の肥満細胞腫の初期の症状には嘔吐や食欲の低下など、これといって決め手がないことがあります。その後、内臓型と皮膚型で症状が変わってきます。

猫の内臓型肥満細胞腫

内臓型肥満細胞腫の初期は前述の通り元気がない程度なのですが、徐々に脾臓が大きくなったり、お腹が大きくなったりしてきます。

気になるようでしたら早めに獣医師にエコー検査をしてもらうと脾臓のサイズもわかります。

腫瘍は一箇所から複数箇所に多発的に発生する場合があります。

この時は小腸が原発として考えられることが多く、腸間膜リンパ節や肝臓、脾臓にも転移してしてしまうことがあります。

猫ちゃんの内臓にできる腫瘍の場合にはリンパ腫の発症も多いので、見極めが大切ですね。

猫の皮膚型肥満細胞腫

皮膚型肥満細胞腫は単発から多発まで様々です、初期は皮膚に小さいできもののような形態で、頭や首にできることが多いです。

高齢猫(老猫)で起こる皮膚型の肥満細胞腫の場合は白色からピンク色で実際に皮膚表面を見てわかるため、飼い主さんでも気づくことが多いですね。

猫の肥満細胞腫の治療について

猫の肥満細胞腫の治療としては一般的には外科的切除が望ましいとされています。

脾臓や腸管にある場合はしっかりと切除しましょう。皮膚に出来る肥満細胞腫の場合、猫では犬ほど活発ではないため小さいことが多いことが特徴ですね。

脾臓を摘出した場合はステロイド剤(プレドニゾロン)とクロラムブシルという薬の併用、腸管にできた肥満細胞腫の場合は外科的に取ることとステロイド剤(プレドニゾロン)が効果的だとされています。

全身に転移してしまっている場合、転移箇所が複数ある場合はステロイド剤単独の使用も効果的です。

犬の肥満細胞腫はこちらから

犬の 肥満細胞腫 の治療とは?皮膚で多い悪性腫瘍

2018年12月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師が獣医療について飼い主さんに情報発信する場所を作りたい。「生きた情報」を発信していく場がまずは必要であると考え、ペットの医療を取り扱うメディアを立ち上げました。