犬の 僧帽弁閉鎖不全症 の症状・原因・概要

犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状・原因・概要

突然ですが、みなさん「僧帽弁閉鎖不全症」という病名を知っていますか?実は、心臓の病気で小型犬の罹患率が多いことで有名です。今回は、そんな「僧帽弁閉鎖不全症」の症状や原因などを紹介します。

 犬の「僧帽弁閉鎖不全症」ってどんな病気?

犬の心臓は人間と同じように4つの部屋に分かれてあり、その中の左心室という部屋と左心房という部屋を区切っているのが2枚の薄い弁が僧帽弁です。肺から流れてきた血液が僧帽弁を通って、心室に入ります。

次に心室が収縮して心室に貯めた血液が一気に大動脈から全身を回ります。このとき、僧帽弁は閉じています。ここで僧帽弁が閉じないと、心室から送り出されるはずの血液が僧帽弁から心房へ逆流してしまい、心臓の機能が果たせなくなります。

 犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状

犬の僧帽弁閉鎖不全症の初期症状はほとんどなく表には現れないため飼い主さんが見逃すことがよくあります。しかし、病状が進行すると徐々にその症状が現れます。

散歩に行きたがらなくなる
・何となく元気がない
・運動するとすぐ疲れる
・咳をする
・手足の先が冷たい
・食欲がない
・痩せてくる
・呼吸困難になる

 これらの症状は一つ一つが小さな症状です。思い当たる病気がないにもかかわらず、このような症状が続く場合は出来るだけ早く病院に行きましょう。

早期発見、早期治療に繋がります。僧帽弁閉鎖不全症が悪化すると肺やお腹に水が溜まったり、脳が低酸素状態になり失神を引き起こしたりします。

 犬の僧帽弁閉鎖不全症になりやすい犬種

僧帽弁閉鎖不全症は小型犬や高齢犬に起こりやすく、高齢の小型犬の飼い主さんは要注意する必要があります。

犬種で言うと、チワワ、マルチーズ、シーズー、ヨークシャテリア、トイプードル、ポメラニアン、キャバリア、パピヨンなどです。また遺伝的に発症しやすい犬種は、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルと言われています。

僧帽弁閉鎖不全症の原因ははっきりしていませんが、発症年齢は8歳くらいで、早い場合だと6歳くらい言われています。

今現在、この病気の予防法はないため、飼い主さんの早期発見、早期治療がカギです。日頃から注意深く見て少しでも上記の症状が続くようであれば、早めに動物病院に連れていきましょう。

犬の僧帽弁閉鎖不全症をアニカルで取り上げた理由

情報洪水時代のいま、多くの情報をインプットできる中で、有名な僧帽弁閉鎖不全症を取り上げたのには理由があります。

詳しい病態などは他のメディアに譲りますが、我々が一番知っていただきたいことは、将来を知ることです。犬の僧帽弁閉鎖不全症は、多くの場合、慢性的に進行していく経過をたどることが多いのです。つまり、軽度の僧帽弁逆流であっても、心臓薬を内服していても、外科手術をしない限り病気は進行していきます

現在では、まだ心臓の手術は高額な手術ですが、治療法の一つであると知っておいてください。

話は戻りますが、慢性経過をたどると、いずれかの時点で、肺水腫という状態に陥る可能性があるということです。この状態は、緊急です。

つまり、すぐに動物病院へ連れていき、酸素化をする必要があるのです。そのために、僧帽弁閉鎖不全症と診断されたら、かかりつけの病院以外に、必ず夜間救急病院を把握しておきましょう!

心臓病についてのコラムはこちら

犬の 慢性心臓病 における飲水量を獣医が考える

2018年9月4日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です