柴犬 で手術後のドッグランはいつから大丈夫?

質問: 柴犬 ですが手術後のドッグランが心配

うちの 柴犬 は他の犬と仲良くできるタイプでドッグラン行っても心配なかったんですが、去年足の靭帯の手術したけどもあり、一年以上ドッグラン行ってなかったのですが、この前行ったら、小さい犬にも大きい犬にもほえまくり、ヒヤヒヤでした

術後一年たってないから、頻繁にドッグランにも行けないですが、このままならどうしたものかと思ってます。ご意見お願いします。

獣医師の回答

楽しみのドッグランでの出来事、柴犬ちゃんもご家族の方もつらい思いをされてると思います。靭帯の手術は後ろ足の膝の靭帯でしょうか?(柴犬の場合、後ろ足の靭帯を痛めてしまうことが多いので、後ろ足と仮定して対応させて頂きます)

手術後半年ほどでしょうか。柴犬ちゃんの手術の方式にもよりますが、もしかすると、まだ足の手術の違和感が残っており、本調子ではない可能性があると思います。そのため、ドッグランでほかの犬に吠えてしまったのではないかと思われます。

柴犬が自信を取り戻すまでは、広場などで一人遊びを通して、足の不安感をまりもちゃん視点で、拭えるようにしてみてはいかがでしょうか?

繊細なところもあるかもしれませんので、まずは足を痛める前の状態に少しずつ(時間はかかってしまいますが)戻してあげるのがいいかと思います。

もちろん、足の状態がすぐれない場合は、すぐにホームドクターへ連れて行ってくださいね。

犬と猫の 緑内障 の症状・原因|眼の緊急疾患

2018年10月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師が獣医療について飼い主さんに情報発信する場所を作りたい。「生きた情報」を発信していく場がまずは必要であると考え、ペットの医療を取り扱うメディアを立ち上げました。