犬にチューリップは危険?ツリピンには要注意!

犬にチューリップは危険?ツリピンには要注意!

春を彩るチューリップ。お庭に植えていたり、家に飾ったりなんてしている方も多いと思います!そんなチューリップですが、ヒトでは触れると接触性アレルギー反応を起こし皮膚炎などになるというお話しを聞いたことある方もいるのではないのでしょうか?そんなチューリップですが、犬・猫ちゃんにも接触性皮膚炎を起こすのでしょうか?それとも?

犬や猫は注意!チューリップに含まれるツリピンとは?

まず、葉・茎・花を含む全草にツリピンと呼ばれる心臓毒を引き起こす物質があり、さらに球根にはツリパリンAと呼ばれるアレルギー物質を含んでいます。

そもそも、双方とも毒性に関する研究は少なく、詳しいメカニズムなどはいまだ知られていないのが現状です。

ヒトでは、ツリパリンAに関する接触性皮膚炎の報告はありますが、犬・猫では我々が知る限りありません。

犬ではどんな症状を起こすの?

ヒトにおけるチューリップによる症状

ヒトの場合、球根を大量に摂取した際には、消化器症状がでると報告されていますが、犬・猫の場合、少量でも食欲低下、胃腸障害による下痢や嘔吐、血便などの消化器症状、呼吸困難、心毒性による不整脈も見られます。

ヒト用に品種改良されたチューリップもありますが、注意が必要です。

球根の誤食には注意

球根はかなり糖度が高く、犬にとっては甘い匂いのする興味が湧くものです。

花に夢中になっているうちに、球根を誤食してしまうと厄介なことになるかもしれません…「綺麗な花には毒がある」ことを忘れずにお散歩させてくださいね!

特に、ゴールデンレトリーバーなどやんちゃな?大型犬を飼われている方はチューリップ畑に行く際にはお気を付けて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ペットの救急医療を可視化する」をミッションに掲げるANICALの獣医師が執筆。ペット2.0を意識した世界観で問題の本質を問うような記事の作成を心掛けています。