猫がおしっこが出ない病気|尿道閉塞を考える

飼ってる猫ちゃんのおしっこが出ない?何度もトイレに行くのに砂が濡れていないときは尿道閉塞の可能性があります。まずは、慌てずに他の場所で、おしっこをしてないかチェックしてください。それでもやはりおしっこが出ていない場合は、尿道閉塞の可能性があります。

尿道閉塞についての解説

猫でおしっこが全くでない場合、膀胱から尿道口の間で何らかの要因により、通り道が閉塞している可能性があります。

尿道閉塞を意識する時・・・

この病気は突然起こることもあり、飼い主様が気づくのは

・唸るように鳴く
・そわそわ落ち着かない
・何度もトイレに行くのにおしっこが出ない
・部屋の隅で隠れてうずくまったまま元気がない

などの症状が現れた時です。
いつもの元気な姿とは明らかに様子が違うため、慌てて病院に電話をすることになってしまうかもしれないですね。慌てないためにも事前にこの病気について知っておいてください。

尿を出したくても出せない

この状態が危険な理由は、「尿を出したくても出せない」ためです。泌尿器の働きを簡単に述べると、腎臓は血液から必要なものをろ過し、不要なものを尿として排泄しています。その尿が出せなくなると、膀胱がパンパンに拡張してしまい、そのまま放置すると水腎症、急性腎不全、尿毒症、膀胱破裂などの命に関わる重症疾患に移行するリスクがあります。このため尿道閉塞は緊急疾患に位置付けられています。
閉塞の程度にもよりますが、何れにしても溜まった尿を迅速に体外に出してあげる必要があり、尿が出せない時間が長いほど食欲廃絶、嘔吐、沈鬱、低体温などの激烈な症状が見られるようになり、腎臓を含む体へのダメージが大きくなります。

メスとオスでの違い

ちなみに猫の尿道閉塞は体の作りの違いで顕著にオスに多い疾患です。(逆にメスは膀胱炎が多い傾向があります。)閉塞物の原因としては尿石、感染や炎症による栓子物が多くを占めますが、他には構造的に尿道が狭くなってしまったり、運悪く腫瘍が尿道を塞いでしまうこともあります。尿石症は石の種類にもよりますが食事の見直しが必要になったり、感染や炎症に対しては抗生剤や消炎止血剤の内服が有効です。原因の特定のために超音波検査やレントゲン検査を実施し、それぞれの原因に合った治療法を選択します。

再発 | 閉塞の繰り返しについて

尿道閉塞は残念ながら、繰り返す子が一定の割合でいます。許容できないほどの頻度で閉塞を繰り返したり、構造的に尿道が狭い子には会陰尿道造瘻術という外科的に尿道の位置を変える手術も選択肢となります。

〜まとめ〜

▷尿道閉塞はオスに多い特徴があり、いつ発生するかはわからない疾患です。

▷何よりも優先することはなるべく尿を体外に出してあげることです。

▷閉塞した原因や繰り返す頻度によりその後の治療は異なります。

一度、膀胱炎や結石症に罹患した子は、再発する可能性を頭に入れといてください。そのため、定期的に尿検査を実施したり、エコーで膀胱内を確認するようにしましょう!

猫のおしっこの疑問についてはこちらの記事をチェック!

猫のおしっこがおかしい時に考える下部尿路疾患

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「ペットの救急医療を可視化する」をミッションに掲げるANICALの獣医師が執筆。ペット2.0を意識した世界観で問題の本質を問うような記事の作成を心掛けています。