犬の 嘔吐物 からわかること〜吐いた物は何色?〜

犬が嘔吐した色や状態から原因を考察

前回アップした「犬のうんちからわかること。~色編~」を読んで頂いた方も多いのではないでしょうか?

実はウンチの色だけではなく、嘔吐物の色からも犬の健康状態がわかります。今回は、重要な嘔吐物の色とその原因、対処法まで紹介します。

犬の嘔吐物が透明、白い泡の場合

白っぽく、泡立っている嘔吐物の正体は、「胃液」で、ほとんど臭いがしないことが特徴です。

原因としては胃酸過多やストレス、食べ過ぎ、空腹時間が長いことなどが挙げられ、胃酸が過剰に分泌されて食道へ逆流することによって起こることが多いです。

〈対処法〉

・適度な運動や遊びでストレス解消

・食事量を見直す(特に子犬の頃は、体重が日ごとに増加します)

食事の回数を増やし、消化吸収に良い栄養成分のものを取り入れる

などが挙げられます。

また、吐いた後にケロッとしていて普段と様子が変わらなければ、心配する必要はありません。

特に、犬の場合、一日2回の食事のことが多いと思いますので、空腹時間が長く続くと空腹で吐くことがあります。ただし、繰り返し吐き続けるようであれば、他の原因が考えられるため動物病院に連れて行きましょう。

犬の嘔吐物が黄色~緑色の場合

黄色~緑色の嘔吐物の正体は、「胆汁」です。泡が混じっている場合もありますが、ツーンとした生臭い刺激臭朝起きてすぐ、または夜ご飯前に吐くことが特徴です。原因としては胃腸の動きが悪いことや食べ過ぎ、空腹時間の長さが挙げられ、胆汁が胃へと逆流した刺激嘔吐します。食欲や元気があるのに空腹時だけ吐く症状を「胆汁嘔吐症候群」と言います。

〈対処法〉

・腹持ちの良い食べ物をおやつで与える。

・1回の食事量を減らして、その分回数を増やす(食事間隔を短くする)

・消化に良い食事を与える

などが挙げられます。

一過性のもので吐いた後に食欲や元気があるようなら病院に行く必要はありませんが、1日に何度も吐くようであれば、動物病院に連れて行きましょう。

犬の嘔吐物が茶色、赤色、黒色の場合

薄い茶色、濃い茶色、薄い赤色、鮮やかな赤色、黒色などこれら全ての原因は体内のどこかから出血している可能性があります(吐血)。

薄い赤色でかつ少量であれば、何度も繰り返し吐いたことによって胃酸で食道が荒れている可能性があります。濃い赤色であれば胃内部からの出血の疑いがあり、急性胃炎、胃潰瘍、ガンなどが考えられます。

また、茶色、黒色の嘔吐は出血からある程度時間が経過していることを意味します。この場合はかなり緊急性を要しますので、今すぐに動物病院に連れて行きましょう。

犬の嘔吐に関する獣医師の見解は?

いずれのケースでも嘔吐について知っておいて頂きたいのは、嘔吐は結果であって、原因ではないということです。つまり、嘔吐のバックグランドには、生理的または病的な背景が隠れているということです。

つまり、嘔吐だけで状態の良し悪しを判断するのではなく、活動性や食欲などを含めて判断するようにしましょう。

例えば、毎日のように何度も繰り返し吐く、元気や食欲がない、下痢する、吐血、ふらつき等の症状を伴うようであれば様子見するのではなく、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

犬の ウンチ からわかること~うんちは何色?~

2018年8月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です