雌犬の 陰部 からの出血について

質問:雌の犬の 陰部からの出血について

こんばんわ。 現在13歳の雌の犬・未避妊を飼っています。先日、 陰部 から血が垂れ流しになっており、慌てて救急で動物病院にいきました。結果その時は注射を打って終わり血も止まったので翌日また来てくれと言われました。

翌日、動物病院に行くと乳腺に腫瘍があるが様子をみてくださいと言われたのですが家に帰ってから陰部が腫れていました。それは乳腺の腫瘍と関係あるのでしょうか。

回答

未避妊の犬であれば、発情による出血の可能性はあるかと思います。 また、発情に伴い乳腺の腫れや陰部の腫れも認められます。

また、乳腺腫瘍ですが、未避妊の場合、乳腺腫瘍の発生リスクは上がると言われています。 なので、原因を追求していくと、今回の一連の出来事は、未避妊であることが関係している可能性が高いのではないでしょうか。

犬の 子宮蓄膿症 が起こる理由・症状・治療

2018年10月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

獣医師が獣医療について飼い主さんに情報発信する場所を作りたい。「生きた情報」を発信していく場がまずは必要であると考え、ペットの医療を取り扱うメディアを立ち上げました。